×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

テノーミン錠25のジェネリック

テノーミンの効果と副作用

テノーミンについて

テノーミン 薬に頼らずに血圧を改善する方法はこちら

 

血圧の上昇により引き起こされる病気。それには、本能性高血圧症、狭心症、頻脈性不整脈があります。アストラゼネカ株式会社から発売されている、テノーミン錠には血圧を下げる効果があり、これらの病気の治療に使われています。

 

テノーミンの副作用には、徐脈、倦怠感、視力異常、発疹、めまい、涙の減少などがあります。他にも症例は少ないですが、意識障害、脈がとぶなども報告されています。また、紫斑病と血小板減少症の症状として、鼻血、歯ぐきからの出血、皮下出血があります。いきなり立ち上がった時の立ちくらみのような症状や、失神もあります。副作用なんてそうそう起こるものではない、と勝手な判断で薬を増やしたり減らしたりしてはいけません。そうした行為が副作用を引き起こす可能性があります。万が一誤って多く服用したら、医師に相談しましょう。血圧が関係している病気を甘くみてはいけません。医師と薬剤師の指示のもと、テノーミン錠を正しく服用して改善を期待したいですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ